洗車場関連情報

HOMEセルフ洗車場に必要な持ち物

最終更新日:2017/09/13

セルフ洗車場に必要な持ち物

木が反射する車

洗車を頻繁にされる方にとって、洗車をするという事は、まるで某有名野球選手がバッターボックスに入るが如く、ルーティンのように決められた掃除を的確にされていらっしゃるかと思います。ただ、洗車自体に全く興味がなく、雨が降ったら汚れも流れるし、なんて思っていらっしゃる方には、洗車作業というものは大変難しく映ってしまいます。これを洗ってこれをやって、という段取りから煩わしく感じてしまい、ひたすら雨に頼るというカーライフに逆戻りしてしまいます。
日々の生活は、充実している方には全く問題がありませんが、充実していない方にとっては問題しか見当たりません。休日も塞ぎがちになり、自宅からは一歩も出ず、身体を動かしていないから眠くもならず、夜更かししてしまって次の日の仕事に支障が出る。そしてまたストレスを抱え込んで週末を迎える、という悪循環に入ってしまいます。今もしこの記事を読んでいらっしゃる方にそのような方がいらっしゃれば、休日に洗車をすることをオススメします。車が無ければ実家の車でも友人の車でも良いです。
洗車を恐れることはありません。単純に言えば車を洗うだけです。料理する前に野菜を洗うみたいなもんです。そして洗うためには道具が必要です。カー用品店に行って道具を買いましょう。セルフ洗車場に必要なものは、まず車体を洗う大きめのスポンジ。ホイールを洗うブラシ。泡立てて洗うための洗剤。洗剤を落としたあとの水を拭き上げるタオル。髪の毛で言うところのトリートメント的なワックスやコーティング剤。以上を買ってしまいましょう。
そして洗車場に向かいましょう。洗車に決められたルールはありません。これをこうした方が良いよーという順番はありますが、何となくお風呂に入る時のように、まず車を濡らして洗剤で洗って拭いてトリートメントすればそれなりに綺麗になります。入り口で躓かないで、これくらいのアバウトな考え方で洗車場に入ってください。洗車場はブース分けされているので、会社のように上司が干渉してくることもありません。自分の好きなように、マイペースで洗車を進めてください。すると徐々に気付いてくることがあります。洗車は案外身体を動かすという事と、洗い始めると結構綺麗にしないと収まらなくなってくる自分にです。それに気付けば一気に洗車をしてしまいましょう。無心で、一心不乱に洗車しましょう。
終われば次に使う方の為に、なるべく速やかに洗車場を後にしましょう。そして、自分が磨き上げた美しい車を四方から見ましょう。自分の頑張りが結果として表れることによって、自信が生まれます。洗車しただけですから、ほんの些細な自信かもしれません。でもその些細な自信が大事なのです。そして結構疲れるのでグッスリ眠って明日に備えましょう。

一覧はこちら

洗車場ランキング

TOP